サムスンのディスプレイのリフレッシュレートを変更する方法

サムスンの携帯電話でディスプレイのリフレッシュレートを設定するにはどうすればよいですか?

ノウハウの拡大とともに、スマートフォンの画面も進化を続けています。 つい最近、ディスプレイ画面のリフレッシュレートが高すぎるスマートフォンが話題になっています。 この記事では、Samsung電話のディスプレイ画面のリフレッシュレートを教える方法と、ディスプレイ画面のリフレッシュレートを変更する方法を明らかにします。

最近発売された中高域のスマートフォンは、90Hz、120Hz、144Hzを彷彿とさせる過剰なリフレッシュチャージを供給しています。 ディスプレイ画面のリフレッシュレートが高いほど、画面を切り替えるときにスムーズで余分な流体の遷移が提供されます。 それにもかかわらず、過度のディスプレイ画面のリフレッシュレートは、電話のバッテリーをより早く消耗させます。 それでは、選択に応じて表示画面のリフレッシュレートを縮小または改善する方法を説明しましょう。

このインスタンスではSamsungGalaxyA52を使用しました。 それでも、Galaxy A90、Galaxy S72、Galaxy S20、Galaxy Notice 21を彷彿とさせる、20Hz以上のディスプレイ画面のリフレッシュレートを提供する電話では、同じアプローチでディスプレイ画面のリフレッシュレートを変更できます。ディスプレイ画面のリフレッシュレートを変更することもできます。 iPhone、Xiaomi、Huawei、Oppo、Nokia、Google、Asusを彷彿とさせるさまざまなAndroidおよびiOS電話で同じアプローチに従うことによって。

Samsung電話でディスプレイのリフレッシュレートを変更する方法

電話で設定アプリを開きます。
表示画面の可能性を選択します。
簡単な動きの可能性を選択してください。
開いた表示画面で、過度のリフレッシュレート(90Hz、120Hzなど)を表示するには[Excessive]を選択し、バッテリーを節約して[Apply]ボタンを押すには[Commonplace]を選択します。
サムスンの電話で画面のリフレッシュレートを表示する

ディスプレイのリフレッシュレートの欲求にはどのような影響がありますか?

当初、最近では、ディスプレイ画面の更新料金が高すぎる電話が最も人気があり、これらのガジェットにはより多くの現金が支払われています。 したがって、お使いの電話にそのような機能がある場合は、それを使用することをお勧めします。 過度のリフレッシュレートの結果として、よりスムーズなディスプレイ画面の専門知識が得られます。

低いリフレッシュレートを選択すると、バッテリーを節約できます。 ただし、ここでは、バッテリーの節約は、毎日の使用で約1〜2%です。 選択はあなた次第です。

類似の投稿